Q1現在のご住所 の郵便番号-郵便番号を調べる

Q2引越し先のご住所 の都道府県

Q3引越しされる人数大人  子供  ヘルプ



住民票の届け出は2パターン

引越しの際の住民票の届け出には2パターンあります。

●旧居と新居が同一市区町村内の場合 ⇒ 転
●旧居と新居が同一市区町村内でない場合 ⇒ 転

となりますので、違いに注意してください。





また、該当する方だけになりますが、

国民健康保険
国民年金

に加入している方と

印鑑登録証
老人、乳児などの医療証
介護保険被保険者証

を持っている方は、

住民票の届け出と一緒に手続きができるので市区町村役所に行く時に、必要書類を忘れずに持って行くようにしてください。


家具を運んでる人のイラスト

旧居と同一市区町村内に引越しする場合

■提出先

旧居の市区町村役所



■提出書類

転居届(住民異動届)を市区町村役所に提出します。
これだけで手続き完了です。

※転居届とは、同一市区町村内で住所変更するときに届け出るものです。


 
■ 届け出時に必要な書類


・届け出人の印鑑(認印でも可)
・届け出人本人であることを確認できるもの
・国民健康保険証(加入者だけ)
・国民年金手帳(加入者だけ)
・老人、乳児などの医療証(該当者のみ)
・介護保険被保険者証(該当者のみ)



■提出期限


引越しをした日から14日以内に提出します。

旧居とは別の市区町村へ引越しする場合

■提出先

旧居の市区町村役所



■提出書類
 
旧居の市区町村役所に、転出届(住民異動届)を提出します。
転出届を提出することで、転出証明書が交付されます。
ここで交付された転出証明書は、引越し後の市区町村に
転入届を提出する際に必要になりますので、大切に保管しておいてください。



■届け出時に必要な書類

・届け出人の印鑑(認印でも可)
・届け出人本人であることを確認できるもの
・国民健康保険証(加入者だけ)
・印鑑登録証(登録者だけ)
・老人、乳幼児などの医療証(該当者のみ)
・介護保険被保険者証(該当者のみ)



■提出期限・期間

引越しする日の約2週間前から受け付けていますので、
引越しする日までに届け出ましょう。
住民基本台帳法第24条によって
「あらかじめ届け出なければならない」と定められていますので、
引越しする前に届け出なければなりません。



■その他注意点


旧居の市区町村役所で転出届提出して、転出証明書を交付してもらった後に、その転出証明書を持って、新居の市区町村役所で転入届を行う流れになります。

何かの間違いで転出届をせずに引越しをしてしまうと、転出証明書の交付を受けていないため、新居の市区町村役所で転入届を提出することができなくなってしまいます。

でも、そんなときも慌てないでください。

郵送で対応してくれる市区町村がほとんどですので、旧居の市区町村役場に問い合わせてみてください。


トラックのイラスト

外国為替証拠金取引(FX)