Q1現在のご住所 の郵便番号-郵便番号を調べる

Q2引越し先のご住所 の都道府県

Q3引越しされる人数大人  子供  ヘルプ



まずは、一括見積もり依頼

引越しの見積もりを取る際は、複数の業者に一括見積もりすることが大切です。

たった一度の入力で複数の引越し業者に一括見積もり依頼ができる一括見積もりサービスを利用しましょう。

業者によって、見積もり金額に15万円くらいの開きが出ますよ。


引越し一括見積もりは、こちら。

現地見積もり

一括見積もりサービスでは、従来引越しには絶対に必要であった現地見積もりを行わずに契約できる業者も増えています。現地見積もりを省略することで引越し料金を安くするというのですが・・・

私はこの現地見積もりの省略はおススメしません。

引越しは一件一件違うものなので、荷物の量に対する感覚が業者と異なった場合にトラブルになることがあるからです。

荷物のイラスト


また、引越しサービスも多様化しており、「小物の箱詰めから箱出しまですべて業者がやってくれるプラン」や「小物の箱詰めから箱出しを部分的に業者がやってくれるプラン」「小物の箱詰めから箱出しをすべて自分でやるプラン」など、さまざまなサービスがあります。

箱詰めとは、例えば、旧居にて食器棚の食器を段ボール箱に入れること。箱出しとは、新居にて箱の中の食器を食器棚の中に戻すことです。

このように、荷物の量を業者に正確に把握してもらうことと、細かいサービス内容を詰めるためにも現地見積もりをしっかり行うことをおススメします。






私の場合は、一括見積もりで価格の安かった業者2社に現地見積もりを頼んで、現地見積もりの際に、業者の対応、特に従業員の感じの良さを見るようにしています。

上位2社の価格差は微々たるもので、あとは当日に気分よく作業を行ってくれる従業員の質が大切だと思っているからです。

引越しの大まかな流れ

引越しの大まかな流れは、



一括見積もり依頼をする。

一括見積もりの結果、価格の安い2社に現地見積もりを依頼する。

2社のうち、どちらかを選び、本依頼をする。

本依頼した業者からダンボールをもらう。

荷造りを開始する



という流れになるので、引っ越し業者を選んでダンボールをもらわないことには、次の荷造りのステップに進めません。

引越しの中で一番ボリュームが大きい作業が荷造りなので、荷造りを1日も早く始めるために、業者の選定は早く始めるに越したことはありません。

外国為替証拠金取引(FX)