Q1現在のご住所 の郵便番号-郵便番号を調べる

Q2引越し先のご住所 の都道府県

Q3引越しされる人数大人  子供  ヘルプ



不用品の処分

引越し前に不用品の処分を行って荷物を減らすことで、引越しの効率を上げることができます。

また、大型家具や古い家電など、新居に不要な物を前もって処分しておくと、引越し費用を安くすることもできます。

不用品の処分の方法は、

・リサイクル
・粗大ごみに出す
・不用品回収業者へ依頼する

があります。

まず、費用もかからず買い取ってもらえるかも知れないリサイクルを検討し、その次に処分費用の安い粗大ゴミを検討しましょう。

粗大ゴミでは処分してくれない物、粗大ゴミの回収場所まで自分で搬出できない物だけ不用品回収業者に依頼しましょう。

リサイクル

なるべくならリサイクルで処分してしまいましょう。

リサイクル以外では処分費用がかかってしまうので、買い取り額が低くても十分得です。

買い取り額ゼロでも、ただで持って行ってもらえるだけ得ですよ。

特にエアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機は処分費用が高いので、買い取り額ゼロでも絶対に持って行ってもらってください。

(メリット)
・処分費用がかからない。
・お金がもらえる。
・搬出もやってもらえる。

(デメリット)
・引き取りを拒否される場合があり、手間と時間をロスすることがある。

デメリットに比べて、メリットが大きい方法なので、時間の無い人以外はリサイクルするように強くおススメします。


台車のイラスト

粗大ごみに出す

各地域の清掃事務所へ回収依頼し、日時の予約をする必要があります。

また、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機は対象外です。

エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機の処分は、リサイクル以外では家電販売店に持って行くのが一番安いです。自分で搬出できない場合は、不用品回収業者に依頼しましょう。

(メリット)
・行政が提供しているサービスなので、処分費用が安い

(デメリット)
・指定場所まで自分で搬出しなければならない。
・指定日が決まっている。しかも平日のみ。
・エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機は処分してくれない。

リサイクルで持って行ってもらえなかった物で、自分で搬出できるものは、粗大ゴミに出しましょう。

不用品回収業者へ依頼する

処分費用は一番高いですが、搬出の手間がありません。

休日でも対応してくれ、遅い時間の回収にも応じてくれる場合が多いです。

(メリット)
・搬出までやってもらえる。
・ほとんどの物を回収してもらえる
・休日・夜間など、回収日・時間に融通がきく。

(デメリット)
・処分費用が高い

リサイクルで持って行ってもらえなかった物の処分に利用しましょう。

平日に時間が取れない、自分では搬出できない物を処分するときだけ利用しましょう。

外国為替証拠金取引(FX)