Q1現在のご住所 の郵便番号-郵便番号を調べる

Q2引越し先のご住所 の都道府県

Q3引越しされる人数大人  子供  ヘルプ



3週間前までに予約するのがベスト

引越しをする場合、必ず行っておかなければならないのが、新居のインターネット回線の開通工事の予約です。

新居ではどこにスーパーがあるか?最寄りのターミナル駅にはどう行けばいいのか?市役所の場所は?などなど、インターネットでの情報収集が欠かせません。

引越し後にすぐにインターネットが使用するためには、3週間前までに予約ができればベスト。遅くとも2週間前までには予約をしておきましょう。

予約が込み合っている時期は、2週間待ちはザラです。早め早めの対応をしておきましょう。




現在使っているプロバイダのメールアドレスをそのまま使いたい場合は、プロバイダの引越し手続きを行いましょう。

そうでない場合は、旧居の回線とプロバイダを解約してしまって、新居で別の回線とプロバイダを契約すると、キャッシュバックキャンペーンや初年度無料キャンペーンなどの特典が受けられ、お得ですよ。




インターネットを利用するには、回線を引いてくれる回線事業者(NTTフレッツ光・KDDI・auひかりなど)及び、インターネットに接続してくれるプロバイダ(OCN・@nifty・BIGLOBEなど)の両方と契約する必要がありますが、たいていの場合は両方の申し込みを同時に行うことができます。

回線選びのポイント

●通信速度はプロバイダではなく、回線タイプによって異なります。

●光ファイバーが通信速度が速く、安定していて一番人気があります。

●住んでいる地域によって、サービスを受けられる回線タイプが異なる場合があります。

光ファイバー

通信速度が高速(理論値100M以上)で通信安定性も高いです。

YouTubeなどの動画や音楽ダウンロードもストレスなく行えます。

通話料が安い光IP電話や、多チャンネルのテレビサービスも利用できます。

一般にADSLと比べると料金が高いイメージがありますが、光ファイバーのマンションタイプの場合、ADSLの50Mよりも安いことがよくあります。

速度速度のことを考えると、ちょっと安めのADSL50Mを選んでも自宅の位置によっては極端に速度が低下してしまう可能性もあり、安定した高速通信が期待できる光ファイバー回線はおススメです。

ADSL

インターネットはメールとネットサーフィンしかしないという方におすすめです。

光ファイバーに比べて、自宅がNTTの基地局から遠いと速度が不安定になる場合があり、動画がカクカクして、スムーズに見えない事もあります。

ですので、インターネットで使うのは家族や友達とのメールとネットサーフィンをちょっと使うぐらいの人。動画や音楽をダウンロードするなんて滅多にしない人におススメです。

ADSLの通信速度が低下しにくく、速度が保たれていると言われている地域は、NTTの基地局から1〜2kmの範囲です。

この範囲にお住まいの人ならADSLを選択肢に入れてもいいでしょう。

ちなみに私の家では全く速度が出なかったので、すぐに光ファイバーに乗り換えました。

Yahooのトップページに動画が表示される時代ですから、ADSLではちょっと物足りないと思います。

ケーブルテレビ

通信速度は光ファイバーより早い場合もありますが、テレビ各社と契約プランによって異なります。ADSLに比べてどのお住まいでも比較的安定した速度を提供してくれます。

基地局から遠いから遅くなるということは起こりづらいです。

プロバイダとしてのサービスも提供しているため別途プロバイダ契約を結ぶ必要がなく、お問い合わせ窓口が一箇所なので安心です。

テレビ・ネット回線・固定電話がセットになったプランが多くあり、3つをセットで申し込むことで割引が適用されます。

外国為替証拠金取引(FX)